Taisuki Café

台湾が大好き♡

台湾の結婚式事情:今どきの結婚は「自由旅行」?

台湾の結婚式事情:今どきの結婚は「自由旅行」?

台湾の結婚事情について少しお話ししましょう。
福原愛が台湾のイケメンと結婚したことで日本でも少しずつ台湾の結婚事情が紹介されるようになりました。ネットでも台湾の結婚式を取り上げた文章をよく見かけます。私はちょうど3ヶ月前に台湾での結婚式を終えたばかりなので、日本の皆さんに最新で身近な台湾の結婚式事情を紹介したいと思います。

まずプロポーズは悪夢の始まりなんです。いつ頃始まったのかは分かりませんが、台湾ではプロポーズは人目を惹くものへと変わりました。友達がたくさんいる人はその友達に協力してもらって出し物のような派手なプロポーズをします。友達が少ないならお金を出して大きな看板を借りたり、人が行き交う空港で歌を歌って跪いたりといった感じです。一見感動的にも思えますが、私のように面倒くさがりな性格だと多くの人に見られてのプロポーズなんて全身がかゆくなってしまいます。幸いにも夫は地味で私よりも面倒くさがりなので派手なプロポーズはされずに済みました。

結婚が決まったら、台湾での一般的な結婚の流れは「前撮り→婚約→結婚式(披露宴)」となります。この一見短そうに見える三つのステップは実はベトナム戦争のようにいつ終わるとも分からない長期戦なのです。

私は日本で結婚式と前撮りを終えていたので、台湾では披露宴だけでした。しかし披露宴の準備だけでも日本にいた私は疲れきってしましました。母親の時代の台湾の結婚式は日本と同じように信頼できるウェディング会社のプランに任せておけば、スーツ・ドレス、結婚式当日の化粧からカメラマンまで全て手配してくれて、結婚式当日はそこにいるだけでよかったのです。

しかし時代は変わり、私が結婚した時は、結婚式の準備はとても悩ましいものでした。最近は前撮りはウェディング会社のパッケージプランではなく、自分の選んだカメラマンに好きなスタイルで撮ってもらうのが普通です(だから私の前撮りにはスーツとかはありませんでした)。なのでスーツやドレスは自分で借りないといけないですし、当然当日のヘアセットや化粧も自分で手配しないといけません。そして撮りおわった写真はアルバムにして飾ったり「謝卡」(注1)にして結婚式当日に参加してくれた人に配ったりします。これも自分でしなければいけないことで、私はLINEで台湾にいる妹に頼んで発注してもらっていました。

(注1)台湾の結婚式特有の小物で、新郎新婦の写真を名刺の大きさに印刷し、そこに参加者への感謝の言葉を書きます。

結婚式当日のヘアセットや化粧も女性たちにとっては戦場さながらです。以前はスタイリストなんて言われていましたが、今では新婦の秘書(中国語で「新秘」)なんて呼び方があって、人気の秘書は一年前や一年半前から予約しないと取れないなんて事もあります。「嵐」のコンサートのチケットよりも熾烈な競争なのです。

当日のカメラマン選びも注意が必要です。結婚式の写真を後でじっくり見返す人はそんなに多くないですが、多くの女性はたくさんのサンプルを見て自分の好きなカメラマンを選びます。先ほどの秘書と同じで、人気のあるカメラマンは本当に嵐のような人気ぶりで、予約を逃してしまったら、次は再婚する時まで待たないといけないくらいなのです。

ネットを見ると数多くの似たような体験談を見ることができます。ネットの口コミは私たちの世代の消費の特徴と結婚に対する選択をよく表していて、ネットの声が伝統的な結婚式の会社を打ち負かし、今の結婚式の形を作り上げたと言えます。旅行に例えて言うなら、昔の結婚式は旅行会社が作ったツアーで、ホテル・航空券・観光・食事など全て決めてくれています。手間はかからないけど、個性はありません。今の結婚式は自由旅行で、ホテルも食事も自分で選びますし、大きなことから些細なことまで自分で解決しないといけません。でも前向きに考えれば、結婚式を自分で作り上げるのは一つの思い出になります。多くの女性が楽しみながら準備をするのだと思いますが、私の場合は日本にいて台湾の結婚式の準備をしたので、早く決めてしまいたくて、普通ならじっくりと決める所もあっという間に決めてしまいました。

夫は「謝卡」や前撮りのアルバムを見ると興奮して「ホテルにはこんなサービスもあるの?」なんて聞いてくるのですが、そんな訳ありません。台湾でも日本でも、男性というのは結婚式ではまり役に立たないものですね。

寄稿者情報

ミルクフィッシャー

高雄出身、現在京都在住、OL兼近江の嫁。マイブームは阪神タイガース藤浪選手。

滋賀県出身、旅行会社に勤務。一番好きな台湾の食べものは虱目魚(サバヒー)。台湾に行くなら断然食べ物が美味しい高雄がおすすめ!

コメント

*
*
* (公開されません)

Return Top